カテゴリー別アーカイブ: キューバのこどもたち

2015年 11/29(日)

 11時頃、昼食はサンドイッチ、8ペソ(50円)。日曜日は店も休みで家族が楽しむ日。子どもは観覧車に乗り、また、公園では家族皆でwi-fiを楽しんでいた。
 2時にナンシーの家へ行き、日本好きな若者へ日本の品物を渡す。オタクの女子大生は「ワンピース」に感激してくれた。折り紙好きでカワイイものに興味を持っている。日曜日は家族で集まる日、あんまり集まりがよくない。
 4時に帰宅、ガードマンへ日本語を教える。これは難しい。
 また、前回知り合ったオタクの男教師からキューバの竹で作った竹トンボと箸を貰う。竹とんぼは十分に飛んだ。

広場の公園の観覧車、1ペソで楽しめる
広場の公園の観覧車、1ペソで楽しめる
広場の500m以内はwi-fi利用可、PCやスマホを持った人達が夢中で楽しむ
広場の500m以内はwi-fi利用可、PCやスマホを持った人達が夢中で楽しむ
ナンシーが組織する13歳から25歳まで日本好き若者、日本の踊りや歌を演じてくれる
ナンシーが組織する13歳から25歳まで日本好き若者、日本の踊りや歌を演じてくれる
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 11/28(土)

 6時のバスでシロレドンドへ行き、あまった衣服を渡す。
 エドワルドからヨシコへ渡すようにコーヒー、タバコ、ラム酒!を預かる。結構な荷物になる。
 アルベルトが今年栽培している米の生育経過の写真をコピーする。なお、最初の収穫は12月1日、ハバナへ渡る日である。
 10時過ぎにエドワルドの家の前で遊ぶ子ども達に竹とんぼを渡すと夢中で遊んでいた。また、割れたかわらや壊れた鍋でママゴト遊びをしている。50年前?の日本のシーンを見るようだ。
 5歳から8歳の子ども、一旦慣れると人懐っこく、接してくれる。もう少し早く、対応すればもう少し親しくなれたと思われる。
 午後1時のバスで帰宅。
 ノボルとクラウディアの訪問を受ける。クラウディアは松矢さんへの手紙とプレゼント(これもガラス製!)を持ってきてくれた。感謝。
 ナンシーに夕食をご馳走になる。普段使えるご飯茶碗がなく、足袋もないとのこと。次回に持ってくることにする。

お土産のトランプはキューバで売っていない。ババ抜きはみんなが楽しめた。
お土産のトランプはキューバで売っていない。ババ抜きはみんなが楽しめた。
シロレドンドのアルベルトの家の前で、竹トンボを渡したら夢中で遊んでいた
シロレドンドのアルベルトの家の前で、竹トンボを渡したら夢中で遊んでいた
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 11/23(月)

 クバポン訪問団の日程は9時30分にフカロの小学校を皮切りに、診療所、博物館を見て、昼食、終了後、ホテルコロニーへ行き、カリブ海の海岸で一休み、この場で日系人会の家やクバポンの稲作支援金の活用が話し合わせたようだ。
 その後、日系人会の家の敷地を見て、夕食会で日程終了。

クバポン訪問団の視察先の小学校の授業風景
クバポン訪問団の視察先の小学校の授業風景
クバポン訪問団の視察先の診療所での説明風景
クバポン訪問団の視察先の診療所での説明風景
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 11/21(土)

 ICAPでは朝から、ICAPの本部役員とロンを飲みながらドミノを楽しんでいた。
10時からの日本文化週間の武道の演武会を見に行く。空手、柔道、合気道で子ども達も多く参加している。その後、囲碁をしていたので一緒に楽しむ。
昼食後、22日の評価会の説明原稿を作る。
午後8時過ぎに日本文化集会の会場へ行き、その後、夕食会に参加した。

日本文化集会での空手の実演、中央はベリンダ
日本文化集会での空手の実演、中央はベリンダ
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 11/17(火)

 18日にシロレドンドに行けなくなった為、急きょ行く。小学校へボールペンを持っていく。朝礼をしていた。
寒波が入っているため、暑くはないが、作業は大変である。11時に終了し、昼食は魚だったが、お腹の調子が悪く、多くは食べられなかった。22日にビールの手配はヘロナですることにする。バス停へ向かう途中、子ども達に声を掛けられたが、分からなかった。写真でごまかす。
1時30分のバスでヘロナに帰る。牛乳をタマラに渡し、お茶をご馳走になる。昼寝をし、夕食抜きで過ごす。夜ひどい嵐。

シロレドンドの小学校の朝礼風景
シロレドンドの小学校の朝礼風景
今日の草取り分、馬のえさ
今日の草取り分、馬のえさ
シロレドンドの子ども達、何かほしかったようだが
シロレドンドの子ども達、何かほしかったようだが
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 11/9(月)

 朝食を食べに行く途中に「松矢さんのキューバの孫」のベリンダにお土産を渡す。松矢さんの健康を心配していた。
 午前10時にイミグラシオンでビザの確認をしてもらう。
 その後、ベニータの家へ行き、ベニータの姪の写真を渡す。ベニータはしきりにヨシコがいつキューバに帰るのか心配していた。
 午後は日本へ送る文書作成。夕方にナンシーに電話する。

松矢さんの孫?のベリンダの家族と友達、贈り物を喜んでいた
松矢さんの孫?のベリンダの家族と友達、贈り物を喜んでいた
ベニータが姪の写真を見ている
ベニータが姪の写真を見ている
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 6/25(木)

6/25(木)
 胃の調子もだんだんよくなってきた。
 メールを送ってもらうため、7時にノボルの家へ行く。
今日はシロレドンドに行く日。電気自転車で行くのでゆっくりできる。
9時頃、エドワルドの家に着く。ヨシ子に見せるために畑、豚の様子を写真に撮る。
その後、アルベルトの田んぼへ行く。アルベルトはハバナに行っていていないが、先週播種した苗床を見る。まだ芽が出ていないため、場所がよくわからなかった。去年、経験しているので田植えはできると思う。日陰の温度計で10時30分頃、既に32℃を超えていた。6月は陽が射すと本当に暑い。昼食をご馳走になり、1時のバスに乗るため、早めに切り上げる。
エドワルドの家に戻ると、エドワルドからヨシ子に渡す荷物を受け取る。タバコ、コーヒー、薬、黒豆、そして、手紙を受け取る。また、日本のヨモギの種がほしいとのこと、新潟で生産されているのがわかった。
1時30分のバスを待っていると女の子がノートに花の絵を粗末な鉛筆で書いていた。絵を描くのが好きなこの子に4色ボウルペンを渡す。アリガトウといわれたが、外人が怖かったのかもしれない。農村部ではまだまだ貧しく、子ども達への支援も必要と思われる。
2時ごろ、ヘロナへ。ベルタに牛乳を渡す。
夕方、ノボルとエステバンが来て、ハバナへの船の切符のことと23日のメヤへの車代について、話をした。船賃に50cuc、車代に33cuc渡す。車代が高すぎと思うが代わりの手段が無い。燃費が悪く、ガソリン代が高い。前回も書いたが、生産を阻害している。
大学のヘススと食事をするとして待っていたが、来なかった。キューバではよくあることだが、待つのも仕事である。

シロレドンドのアルベルトの田んぼ、ここに種をまいたのだが、芽が出ていない
シロレドンドのアルベルトの田んぼ、ここに種をまいたのだが、芽が出ていない

P1000294

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 6/23(火)

6/23(火)
 胃の調子も少し良くなったが、朝食は水物だけにする。
 ICAPではカナダからの高校生が15歳の誕生日のお祝いをするとして準備に追われていた。
 誕生日の彼女にハンカチをプレゼントする。少しびっくりしていた。飾りつけ等少し手伝う。
 買い物をする途中でウリシートと会ったので松矢さんから貰ったゲバラのTシャツを贈った。
 夕方、8時過ぎからセレモニーの開始。ドレスで着飾った彼女が入場し、後はキューバ人の出し物、そして踊り続け、11時にようやく終了した。あの年齢はエネルギーが余っており、何が楽しいかとおじさんは思うのだが、日本人の国際交流はこのように盛り上がるのかとか、日本の若者もキューバに来て交流ができればよいと思った。
 夕方、6時にノボルとエステバンが来た。船の切符の件、28日の2便、12時頃出発するようだ。また、昨日のメヤの車の清算をする。25Lを使ったので33cuc払う。車が古く、燃費が悪い上にガソリンが日本並みの値段では人も物も自由に移動できず、稲作でも色々検討してみたが、コストに対する見返りが少なすぎるので手を出さないのが実情である。

15歳の誕生パーティー
15歳の誕生パーティー
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 6/14(日)

6/14(日)
朝食にスパゲッティーをご馳走になる。キューバ人は麺類を食べる時、こしが無くなるまでゆでフニャフニャで食べることからタマラが固ゆでを作ってくれた。美味しかった。
午後2時にナンシーの組織する踊りのグループに集まってもらい、プレゼント等を渡した。
その時に松矢さんから頼まれたキューバの孫に写真等を渡した。後で手紙を書いてくれるそうだ。また、ユニエルさんから原爆ドームの作品を貰った。本人は美術の先生のようだが、日本のオタク?だそうだ。日本へ持って帰ってみてもらおうと思う。
順番に賞品を選んでもらったが、一番はボールペン、子どもが多いこともあり、筆記用具が人気のようだ。
その後、前回も行ったが、囲碁をアレハンドロとする。ナンシーもできるようだ。

ナンシーが組織する踊りのグループ
ナンシーが組織する踊りのグループ
松矢さんの写真をクラウデアに渡す
松矢さんの写真をクラウデアに渡す
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter

2015年 6/4(木)

6/4(木)
 ノボルの家で少し仮眠、8時過ぎにICAP(友好の家)に到着、荷物を運び込み、ノボルと日程等を打ち合わせる。また、今回の食事は朝食がノボルの家だが、昼食・夕食は外とのこととなった。早速昼食はピザを食べた。
 午後は日系人2世のベニータを訪問。姪御さんと連絡が付き、便りを渡すと大変喜んでいた。 また、盆踊りメンバーの一人に松矢さんから頼まれた写真を渡すと大変喜んでいた。
 

日系人2世のベニータさんが姪からの手紙等を読んでいる
日系人2世のベニータさんが姪からの手紙等を読んでいる

日系人会が組織する盆踊りメンバーの一人に松矢さんからの写真を渡す
日系人会が組織する盆踊りメンバーの一人に松矢さんからの写真を渡す
2014/5 盆踊りのときの写真
2014/5 盆踊りのときの写真
Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on Twitter